イランイラン | アロマの特徴・効能・作用

block1

イランイラン

Ylang Ylang

気持ちを解きほぐしてくれる 甘い香り

花は枝から垂れ下がって美しく咲くことから、「花々の中の花」という意味するマレー語の「アランイラン」から名づけられたイランイランは甘くフローラルなエキゾチックな香りを持つアロマオイルです。

甘く濃厚で官能的な気分にさせるイランイランの香りには古くから催淫効果があるといわれ、インドネシアでは、新婚のカップルが夜を過ごすベットにイランイランの花びらを敷きつめる風習があるそうです。

花には紫・ピンク・黄色がありますが、黄色を蒸留したアロマオイルは品質・香り共にすぐれているといわれています。

香りは、高級フレグランスの原料として広く使われ、もっとも身近な香りのひとつです。

イランイラン【Ylang Ylang】
学  名Cananga Odorata
科  名バンレイシ科
主な産地マダガスカル・フィリピン・インドネシア
抽出部位
抽出方法水蒸気蒸留法
原料植物イランイラン。熱帯で育ちカナンダともいわれ、香水の原料になることから、パフュームツリーとも呼ばれる美しい木。花はジャスミンに似た強い香り。
space
オイルの色淡黄色
香りの系統エキゾチック系
香りの強さ中〜強
香りの特徴甘く包み込むようなフローラルで高級香水を思わせる濃厚な香り。
使 い 方芳香浴・アロマバス・スキンケア・マッサージ
ノ ー トミドル〜ベース
効   能 極度の緊張やストレスをリラックスさせてくれます。
皮脂バランスを整えてくれる作用もあるので、脂性肌や乾燥肌のスキンケ・ヘアケアにもオススメです。
不感症やインポテンツ・PMSや更年期のトラブルのホルモンバランス整え改善してくれます。
作   用抗うつ・鎮静・催淫・血圧降下・抗菌・抗炎症精神高揚・ホルモン活性
成   分モノテルペンアルコール類のリナロール・エステル類の酢酸ベンジル・セスキテルペン炭化水素類のαファネッセン・βカリオフィレン
相性の良い
オイル
オレンジスイートサンダルウッドジャスミンベルガモットラベンダーレモンローズ
使用量が多すぎると、頭痛や吐き気をも及ぼすことがあるので注意しましょう。
space