サンダルウッド

アロマオイル辞典

安定感をもたらしてくれる 日本人になじみ深い香り

サンダルウッド【 Sandalwood 】

イメージ=アロマオイル辞典=サンダルウッド

愛好者が多い人気のあるアロマオイルです。

原料となるサンダルウッドの木は、発芽して1年ほど経つと、根にある吸盤状の部分で、ほかの木の根から養分をもらって育つ半寄生木で、成長すると18mもの高木になります。

日本では白檀(びゃくだん)の名で親しまれ、芳香用のお香や仏壇や墓に供える線香にも、白檀(びゃくだん)は活用され、日本人とっては大変なじみ深い香りと言えます。

香りには持続性があり、就寝前のアロママッサージに用いると、翌日は1日中体からほのかに立ちのぼる芳香を楽しむことができます。

肌をやわらかくする美容効果も高く、肌質を選ばずに利用できるのが魅力的です。

学  名 Santalum album
科  名 ビャクダン科
主な産地 インド・インドネシア
抽出部位 木部
抽出方法 水蒸気蒸留法
原料植物 サンダルウッド。和名は白檀(びゃくだん)。ほとんど絶滅にひんしていて、現在ではアロマオイルを蒸留するためだけに使用されています。
オイルの色 淡黄色がかった黄色
香りの系統 エキゾチック系
香りの強さ
香りの特徴 寺院にたちこめる白檀(びゃくだん)のお香の香り。
使 い 方 芳香浴・マッサージ・アロマバス・スキンケア
ノ ー ト ベース
効能 強い鎮静効果で心を深く静め、幸福感で満たしてくれます。男性の汗に含まれるフェロモン似た物質が入っており、性感を高め、性欲を高めます。
切り傷やひび割れてしまったような乾燥肌をやわらかくし、トラブル肌を改善してくれます。
喉の痛みなど気管支系の不調を楽にしてくれます。利尿作用があるので、性尿路系が不調の際は 肝臓の辺りをマッサージすると良いです。
作   用 鎮静・抗感染・抗炎症・利尿・去淡・強心・うっ血・うっ滞除去・催淫
成   分 セスキテルペンアルコール類のαサンタロール・βサンタロール・セスキテルペン炭化水素類のサンタレン
相性の良い
オイル
イランイラン・カーネーション・サイプレス・ジャスミンネロリパルマローザラベンダーレモン
アロマオイルの注意事項をしっかり理解して、正しく使いましょう。