アロマテラピー 歴史

block1

アロマテラピーの歴史

アロマテラピーの歴史は、アロマオイル誕生から

アロマテラピーの歴史は、アロマオイルの誕生とともに始まったといわれています。

10世紀頃、アラブ人のイブン・シーナが錬金術の課程で、偶然に水蒸気蒸留法を発見したことにより“アロマオイル”が誕生し、アロマテラピーの歴史が始まります。

そして11世紀頃、十字軍の遠征によりヨーロッパへと広められていきました。

16世紀には、アロマオイルを作る方法は研究され、「新完全蒸留読本」が出版されるなど、アロマオイル産業は最盛期を迎えることになります。

その後、ペストの大流行でアロマオイルの持つ殺菌作用が認められて、人々の注目を集めました。

医療分野での活用

20世紀初頭、フランスの化学者モーリス・ガット・フォセは研究中、手に火傷を負い、とっさに近くにあったラベンダーのアロマオイルに火傷を負った指を浸しました。すると、たちまち痛みが和らぎ、傷は驚く早さで直ったそうです。

この出来事がきっかけで、アロマオイルの持つ医薬品的な力に着目し研究を始めた彼は、1928年に発表した「アロマテラピー(芳香療法)」という著書で、初めて“アロマテラピー(芳香療法)”の名を世に送り出しました。

第二次世界大戦中、フランスの軍医ジャン・バルネが、薬の不足からアロマオイルを用いた薬剤を負傷兵の治療に使った経験から「アロマテラピー」という論文を発表したことにより、アロマオイルの効能が医療現場から注目を浴びるようになりました。

アロマテラピーはここから20年近くにわたって、医療分野で活用されていきます。

美容分野から、癒しのアイテムとして

現在、私たちが楽しんでいるアロマテラピーの基礎を作ったのは、「現代のアロマテラピーの母」と呼ばれている、オーストラリア出身の化学者マルグリット・モーリー。

彼女はアロマオイルを美容的な面から見直し、症状に合わせてアロマオイルをブレンドしてマッサージする方法を「人生と若さの秘密」に著しました。

日本では、1980年代、アロマテラピーに関する数多くの本が翻訳され、多くの人が“アロマテラピー”という言葉を目にするようになりました。

そして近年、目に見えないストレスに対しての健全な療法、心と体の癒しのアイテムとして、再び注目を集めるようになりました。

現在では、病院や鍼灸治療院などでもアロマテラピーを利用して、治療を行っているところが増え、医学的見地から薬理効果が検証されています。

space