ラベンダー | アロマの特徴・効能・作用

block1

ラベンダー

Lavender

広く親しまれている 万能なアロマオイル

別名は真正ラベンダーとも呼ばれ、アロマテラピーでもっとも広く使われているアロマオイルのひとつです。

名前は「lavare」(洗う)というラテン語から由来しています。

古代ローマ人達が入浴や洗濯の際にラベンダーを湯や水に入れることを好んだり、傷口を洗うのにも用いたりしていたそうです。

鎮静作用にすぐれていて、精神面ではリラックス作用で安眠を促し、身体面においては血圧や心拍をしずめる働きなどもあり、心・体にさまざまな効果があるため「万能精油」とも言われています。

作用が穏やかで、お子様に対しても安心して使用できる優れたアロマオイルです。

アロマオイルは原液のまま肌につけてはいけませんが、例外的にラベンダーとティートゥリーのみ、少量であれば直接肌につけて使うことができます。

ラベンダー【Lavender】
学  名Lavandula Officinalis, Lavandula Augustifolia
科  名シソ科
主な産地フランス・ブルガリア・オーストラリア・イギリス
抽出部位花・葉
抽出方法水蒸気蒸留法
原料植物真正ラベンダー。ヨーロッパ原産の草丈は30〜60cmほどの常緑潅木。一面を美しい青紫色小さな花をたくさん咲かせます。葉は主に香料などに使われます。
space
オイルの色淡淡黄色
香りの系統フローラル系
香りの強さ
香りの特徴ややウッディで軽いフローラルの香り。
使 い 方芳香浴・アロマバス・マッサージ・スキンケア・ペットマッサージ・など
ノ ー トミドル
効   能 精神疲労、ストレス、イライラな心を癒し、リラックスさせてくれます。なかなか寝付けないときにもオススメです。
皮脂のバランスを整え、あらゆる肌のケアに良いです。日焼けによる炎症をしずめ、やけどの治りを促し、ニキビ、虫刺され、水虫などを改善してくれます。
頭痛、月経痛、筋肉痛、神経通などの痛みをやわらげたり、喘息、風邪、更年期障害、血圧を下げるなど様々な用途に使用できる万能のオイルです。
作   用血圧降下・健康回復・抗ウイルス・抗うつ・抗痙攣・抗炎症・鎮静・鎮痛・瘢痕形成・殺菌
成   分モノテルペンアルコール類のリナロール・ボルネオール・αテルピネン・エステル類の酢酸リナリル・ラバンデュリルアセテート・ケトン類のカンファー・酸化物類の1.8シネオール・セスキテルペン炭化水素類のカリオフィレン・モノテルペン炭化水素類のオシメン
相性の良い
オイル
オレンジスイートカモミールローマンクラリセージジャスミンゼラニウムレモンローズマリー
アロマオイルの注意事項(コチラ)をしっかり理解して、正しく使いましょう。
space