カモミールローマン | アロマの特徴・効能・作用

block1

カモミールローマン

Chamomile Roman

青リンゴに似た甘酸っぱい香りが リラクゼーション効果を

カモミールローマンはローマカミツレの別名もあり、「高貴な花」という意味の名前を持つ、青リンゴに似た甘酸っぱい香りがするアロマオイルです。

カモミールはギリシャ語で「地面のリンゴ」と意味を持ち、芝生代わりに庭に敷きつめる花としても「ガーデンカモミール」とも呼ばれているそうです。

ヨーロッパでは古くから「女性と子供の精油」とも呼ばれ、子供にも使用できる民間の治療薬として一般の家庭でも親しまれ、感情をコントロールできないときの鎮静剤として、あるいは寝つきの悪い子供のために、日常的に使用されています。

イライラや不安を解消し、心地よくしてくれることから、欧米ではカウンセリングの治療薬にも使用されています。

ハーブティーは消化を助け、安眠を促す効果があります。

カモミールローマン【Chamomile Roman】
学  名Anthemis Nobilis
科  名キク科
主な産地イタリア・フランス・イギリス
抽出部位
抽出方法水蒸気蒸留法
原料植物カモミールローマン。多年草。乾燥した花からオイルを水蒸気蒸留法で抽出します。
space
オイルの色淡淡黄色
香りの系統フローラル系
香りの強さ中〜強
香りの特徴フルーティーなリンゴの香りに、ハーブの青臭さがプラスされた香り。
使 い 方芳香浴・マッサージ・ペットマッサージ・スキンケア・アロマバス
ノ ー トミドル
効   能 リラクゼーションを促し、緊張・不安・恐怖を和らげてくれます。なかなか寝付けない時などに良いです
肌荒れ、乾燥肌、ニキビ肌をなめらかに改善し、肌の弾力性も高めてくれます。湿疹、じんましんなどのアレルギー症状を和らげ改善してくれます。
頭痛・歯痛・生理痛・関節痛、痛み全般に良くやわらげてくれます。下痢や腸の炎症消化不良や膨満感、便秘を改善してくれます。PMSや更年期のトラブルにも良いです。
作   用鎮痛・鎮静・抗炎症・抗アレルギー・自律神経調整
成   分エステル類のアンゼリカ酸イソブチル・メタアクリル酸イソアミル・アンゼリカ酸イソアミル・アンゼリカ酸エステル
相性の良い
オイル
イランイラン・シダーウッド・ジャスミンパルマローザベルガモットメリッサラベンダーローズ
敏感肌の人は使用量を控えめに注意しましょう。
space