ミルラ

アロマオイル辞典

古代エジプトから伝わり 幅広く利用できるアロマオイル

ミルラ(別名/没薬)【 Myrrh 】

イメージ=アロマオイル辞典=ミルラ

ミルラ没薬(もつやく)とも呼ばれ、「ミイラ」の語源となったことでも有名で、防腐効果が高いため、古代エジプトではミイラづくりに使われていました。

また、宗教的な儀式の際にミルラを焚いていたり、湿疹治療のための軟膏などに幅広く利用されていたそうです。

新約聖書の中では、イエス・キリストが誕生したときに、東方の三賢者が黄金、フランキンセンスと共にミルラ(没薬)を贈り物として捧げられたとして有名なアロマオイルです。

学  名 Commiphora Myrrha Nees
科  名 カンラン科
主な産地 エチオピア・中東地方・ソマリア
抽出部位 樹脂
抽出方法 水蒸気蒸留法
原料植物 ミルラ(没薬)。アラビア半島西部とソマリランドのみを原産とする、香りのある葉と白い花をつけます。3mほどの低木で先端が尖った節の多い枝が直角に突き出ています。
オイルの色 黄色
香りの系統 樹脂系
香りの強さ 中〜強
香りの特徴 スモーキーで甘い香りはじゃこうを思わせるような香り。
使 い 方 マッサージ・スキンケア
ノ ー ト ベース
効能 悲しみで傷ついた心を癒やし、気持ちを落ち着かせてくれます。
皮膚の細胞を活性化させます。抗酸化作用のため老化肌に効果的です。
気管支炎やのどの痛み、咳などの症状をやわらげてくれます。
作   用 強壮・駆風・健胃・殺菌・刺激・収れん・抗炎症・通経・消臭・粘液過多治癒・発汗・癒傷
成   分 アルデヒド類のアニスアルデヒド・エステル類の酢酸エチル
相性の良い
オイル
オレンジスイートクラリセージネロリレモン
妊娠中・生理中の使用は控えましょう。