グレープフルーツ | アロマの特徴・効能・作用

block1

グレープフルーツ

Grapefruit

“香りを嗅ぐだけでやせられる”といわれているアロマオイル

グレープフルーツのアロマオイルは現在、アメリカが最大供給国で、食品・化粧品・香水の成分として活用されています。

グレープフルーツの香りには、体脂肪の燃焼を増進させてホルモンの分泌を促す効果があると発表されました。

これは、皮膚以外に、鼻から吸収したグレープフルーツの香りが脳に働きかけ、体に影響を与えるということの証明となったようです。

そして、大手化粧品会社から関連商品が次々に販売されました。

また、グレープフルーツのアロマオイルをベースオイルで希釈してマッサージをすると、十分な美容効果を発揮してくれます。

リンパを刺激し、体内の老廃物を排出させるため、セルライト対策にも有効です。

お酒を飲みすぎて体がむくんでいる時は、グレープフルーツのアロマオイルを使ったアロマバスがオススメ。

グレープフルーツ【Grapefruit】
学  名Citrus Paradisi
科  名ミカン科
主な産地イスラエル・アメリカ・ブラジル
抽出部位果皮
抽出方法圧搾法
原料植物グレープフルーツ。アロマオイルの分泌線が果皮の深い部分にあるため、圧搾法で抽出した際、オレンジやレモンに比べると採油率が低い。
space
オイルの色黄色
香りの系統柑橘系
香りの強さ中〜強
香りの特徴香りは、グレープフルーツの果実そのもので、オレンジほど甘味が強くなくてとてもさわやかです。
使 い 方芳香浴・アロマバス・マッサージ・ペットマッサージ・スキンケア・ハウスキーピング
ノ ー トトップ
効   能 気持ちを高揚させて元気に。そして幸福感を与えてくれます。沈みがちな気持ちを明るくリフレッシュさせてくれます。
肌を引き締め、代謝作用をアップ。
体内脂肪の燃焼を促進し、利尿を促します。デオドラント効果で汗の匂いを抑えてくれます。
作   用免疫強化・内臓強化・消化促進・利尿・皮下脂肪の除去・うっ滞除去・抗うつ・強壮・抗炎症
成   分モノテルペン炭化水素類dリモネンαピネン・βピネン・ケトン類のヌートカトン・ラクトン類のフロクマリン類
相性の良い
オイル
イランイランカモミールローマンゼラニウムペパーミントベルガモットラベンダーローズ
光毒性があるので、使用後は直射日光を避けましょう。
皮膚に刺激があるので、使用量に注意しましょう。
space